考えさせられるアニメ・・・・  

そんな作品

ブルーピリオド

 を今回は紹介させて頂きます!

あらす

高校2年生で絵画の魅力に気付いた主人公・矢口八虎(やぐちやとら)が

美術未経験から国立名門校の東京藝術大学を目指す物語です。

矢口八虎(やぐちやとら)は世渡り上手なヤンキーで、さらに成績も優秀な高校2年生。

友達も多く、傍から見れば毎日が充実しているように見える彼でしたが、実は彼にとってそんな生活は「与えられたノルマをこなす」ようなものでした。

ある日美術の時間に「私の好きな風景」という課題を課せられた彼は

偶然美術室で運命の1枚に出会います。

美術部3年生が美大推薦のために描いたその油絵に魅せられた彼は

作者の先輩と言葉を交わしたことで

「早朝の渋谷の風景」を描くことに。

  青い色に染まった課題の絵によって初めて友達と“会話”できたことに喜びを感じ  

      絵画の魅力に取り憑かれ東京藝術大学に現役合格を目指していく中での                                                       

  苦悩や発見などが第一期のアニメでは、描かれているのではないかと思います。

 

この主人公、矢口八虎(やぐちやとら)の青春時代で抱える不安などは学生の不安だけじゃなく趣味や夢のない方にも当てはまる、考えさせくれるような作品だと思います。

 

OPは鳥取県のバンドOmoinotake

EVERBLUE

メンバーは「好きなことをやるって いつでも楽しいって意味じゃないよ」
八虎の言葉に自分たちを重ねて、溢れた言葉とメロディをひとつの歌にしました。

とのコメントもあり八虎の言葉と自分たちを重ねて作って描き上げた

楽曲になっております。

 

EDはmol-74

Replica

 代表曲「エイプリル」「%」を飾っているバンドです。

作品を作り上げるまでの苦悩や葛藤、そして完成した瞬間の歓喜と感動。美術と音楽というカルチャーこそ違うものの、自分に重ねてしまう部分が多く、自分自身の現状に対して

必死に抗う主人公八虎の姿に何度も背中を押されました。

Replica」には”誰かに期待するのではなく、自分自身で世界を変えよう

というメッセージを込めました。

この楽曲が現状に抗うあなたに寄り添えるものとなれば嬉しいです

            とコメントをされていました。

 

そんな、素晴らしい作品のグッズが続々と出ています

ぜひご覧ください!!

 

 

 

私個人も凄くこれからの自分の人生についての主観を考えさせられた

作品です。

以上、ブルーピリオドの紹介でした!!

 

今年も、残り約三週間となりましたが皆様の良い年で終えれることを願って居ります🤞

以上!ご閲覧ありがとうございました!!